「M5Stack 実践テクニック (仮)」へようこそ!

本ページは、IoTで役立つM5Stackのテクニックを紹介する教材ページです。
M5Stackがはじめての方はまず「M5Stack入門」を読んでからこちらに戻ってきてください。

現在本教材は早期アクセス期間中です。公開日程は下記の通りです。

2022年4月22日5章 タイムログを取ろう
2022年4月28日6章 データをマイクロSDカードに記録しよう

第1章 はじめに

1.この教材の目的「IoTシステムを簡単に作りたい」「早く、安くIoTシステムを試してみたい」と考えたとき、M5Stackはとても使いやすいデバイスです。公式のセンサーユ...

続きを読む

第2章 アナログセンサーからデータを読み取ろう

M5Stackにセンサーを接続すると、様々な情報を読み取ることができます。センサーとM5Stackは、多くの場合I2Cというデジタル通信のプロトコルが使われていますが、センサーと...

続きを読む

第3章 CO2センサーを使おう

1.使用するCO2センサーこの章では、次の3種類のCO2センサーモジュールを使用してCO2濃度を測定する方法を紹介します。お好みのセンサーを選んで試してください。...

続きを読む

第4章 データをグラフに表示しよう

M5Stackには2インチのカラーディスプレイが搭載されています。UIFlowには簡単な描画機能があり、この機能を使うとディスプレイへのグラフを実現できます。この章ではカ...

続きを読む

第5章 タイムログを取ろう

M5Stackを使うとさまざまなデータを得ることができますが、データを取得した時間もセットで記録したいというニーズがあります。そのような場合にはNTPやRTCを使用すると正確な時...

続きを読む

第6章 データをマイクロSDカードに記録しよう

この章では、M5Stackで収集したデータをマイクロSDカードに保存する方法について学びます。1.使用する機材使用機材は以下の通りです。実際に試す方は手元に用意し...

続きを読む