このページを閲覧する権限がありません。

会員登録がお済みでない方は、始めに会員登録 (無料) をしてください。
登録する

登録済みの方はログインしてください。
ログイン

0.はじめに

養成キットも残すところ僅かとなりました。(毎回書いてますね。でも、もう今月と来月しかないんですよ?)以前のご自身と比べて今のご自身はいかがでしょうか?最初はおそる...

続きを読む

1.用意・テスト

今回の主役はスピーカーやマイク、ボタン、LEDを制御するための基板Voice Bonnetです。そろそろ賢明な読者の皆さんならお気づきですね。まずは観察をしましょう。観察...

続きを読む

2.Linuxでオーディオデバイスを扱う

前章では、AIY Voice Kitの組み立てから、動作確認までを行いました。本章では、IoTデバイスとしてスピーカーやマイクを使うための前準備として、Linuxでの一般的なオー...

続きを読む

3.Open JTalkを使った音声発話

Open JTalk日本語で音声発話をさせる方法はいくつか存在します。 よく動画をみられる方ならよくご存知かもしれませんが、 ゆっくりボイスなどのAquesTalk、ゲー...

続きを読む

4.サーバレスのクラウドシステムを構築する(FaaS)

前章まではデバイスの操作でしたが、本章ではクラウドの操作を行います。デバイスとクラウドの連携は今までもやってきましたが、今月はより運用を意識したスキルを身に着けます。それ...

続きを読む

5. Lambdaを使って機器同士を連携する

前章ではFaaSを使う意義と、その例としてAWS Lambdaについて簡単に触れました。本章では、Touch pHATとVoice Kitを連携するアプリケーションの実装を通して...

続きを読む