「ラズパイとカメラでデータ収集をしよう」へようこそ!

教材を購入された方へ

本教材を2021年11月12日までにご購入された方に向け、早期アクセスを実施いたします。実施日程は以下の通りです。

日付配信内容
2021年10月22日1章 はじめに
2章 環境構築
3章 OpenCVの使い方
2021年10月29日4章 LEDの点灯検知
5章 OCRによるISBN読取
2021年11月06日6章 メーター読取
2021年11月12日7章 QRの認識
8章 おわりに

配信が行われましたら教材をご購入された際のメールアドレス宛に、メールにて知らせいたします。※ なお、配信日程・内容には若干の変更がある場合がございますので予めご了承ください。

本コースについて

この教材は画像処理によるLEDランプの点灯検知、OCRによるISBN読取、メーターの読み取り等の豊富な実装例を通して、OpenCVを活用できるようになることを目指した教材です。

前提知識

本コースは、ラズパイでのターミナル操作、プログラミング方法に関する基本知識がある方を対象に書かれています。ラズパイに触るのがはじめての場合、以下のコースをあらかじめ受講してください。特にテキストではカメラを扱うため「Raspberry Pi 入門」の5章「カメラを活用する」が完了していることが前提となります。

また、本コースではPythonというプログラミング言語を使ったサンプルコードが登場しますが、とにかく作って体験することを目的としているため、Pythonの文法に関しては、以下のテキストで学習することをオススメします。

必要なもの

本コースの内容を実際に試すには、次のモノが必要となります。手を動かして学びたい方はあらかじめ用意した上で始めましょう。

  1. Raspberry Pi 4B
  2. 16G以上のSDカード (OS書き込み済)
  3. 電源用ACアダプタ USB TypeC
  4. HDMI端子付きのディスプレイ (テレビで代用可)
  5. HDMI to microHDMIケーブル
  6. キーボード
  7. マウス
  8. Picameraモジュール または USBカメラ

質問があるとき

教材に関して分からないことがあるときは、ツクレルフォーラムに質問しましょう。ツクレル教材のアカウントがあれば誰でもログインでき、投稿やコメントすることができます。

https://forum.tkrel.com/

ぜひ質問だけでなく他の方の疑問にも回答してみてください。

修了証の発行について

修了証はただいま準備中です。

目次

ただいま公開準備中です。